翻訳出版書

「ミドル・パッセージ」

―生きる意味の再発見―

ミドル・パッセージ―生きる意味の再発見

分析心理ドットコム

サイトの名前は、ユングの思想や理論が、他の精神分析の理論と区別して、とくに「分析心理学(Analytical psychology)」といわれることにちなんでいます。

このサイトの更新通知

メールアドレスを送信していただくと、このサイトの更新情報が届きます。

E-mail:

このサイトの更新は終了しました。
よろしければ、こちらをご覧ください。

www.bunsekisinri.com/blog/

東山魁夷_白樺の丘
フロイトは、「仕事は健全さにとって不可欠の要素である」と言っています。
ここでいう「仕事」は、生活に必要なお金を得るためにする活動を指しているのではなく、わたしたちが、自分自身の生命エネルギーを使って、それをやるように、Callされている天職、つまり、天から与えられたとでもいうべき仕事を意味しています。

適職は、自分の資質によって選ぶことができるもので、たとえば職業適性検査によっても決まります。しかし、天職(Vocation)は、その語源、ラテン語のVocatusが呼びかけを意味するように、わたしたちが天職を選ぶというよりも、天職の方がわたしたちを選ぶとさえいえるものなので、たんに好きなことをすればよいというものではありません。天職が、お金を稼ぐこととは無関係のことも多いのはもちろん、意識的には、やりたくないことだってあるのです。

ナザレのイエスの父親は、教会の十字架を作る大工でしたが、イエスは父親のあとを継ぎたくありませんでした。マグダラのマリアと結婚して、子供をもち、平凡な家庭生活を送るのが彼の理想だったのです。しかし、内なる声、Vocatusは、まったく違ったところに彼を呼びかけます。孤独を味わい、父親にも見放された彼にとっての最後の誘惑は、そのCallを無視して、ごくふつうの人間になることでした。しかしイエスは、自分のVocatusに応じないことは、自分自身を裏切ることになってしまうと気づいて、キリストになります。(カザンザキス「キリスト最後の誘惑」より)

天職へ至る道は、自己実現への道と同様で、決してたやすくないかもしれませんが、自分の内なる声に耳をかたむけることができれば、わたしたちは、そこに導かれるはずなのです。
日本画家の東山魁夷は、著書「風景との対話」の中で、こう述べています。

人生の旅の中には、いくつかの岐路がある。中学校を卒業する時に画家になる決心をしたこと、戦後、風景画家としての道を歩くようになったのもひとつの岐路である。その両者とも私自身の意志よりも、もっと大きな他力によって動かされていると考えないではいられない。私は生きているというよりも生かされているのであり、日本画家にされ、風景画家にされたとも云える。その力を何と呼ぶべきか、私にはわからないが-

  • 冒頭の絵は、東山魁夷「白樺の丘」。スウェーデンの白樺林が描かれている。フィンランドにもノルウェーにも白樺が多いのに、なぜか、スウェーデンの白樺林が強く印象づけられていると東山は言っている。

※付記
この記事は、ストックホルム日本人会、会報2013年秋号に掲載されたものです。
締め切りのおかげで、9ヶ月ぶりに1ページだけ更新できました!

ChartresCathedral
ラビリンス(labyrinth,迷宮)は、わたしたちの生を象徴する「道」であると同時に、全体性(wholeness)のシンボルととらえることができます。

ぐるぐる、うねうねしながらも、中心にある目的地に向かって通路を進んでいくことは、「わたしたち自身の中心」へ向かうこころの旅のイメージと重なります。

冒頭の写真は、中世のラビリンスの中でも有名な、フランスのシャルトル大聖堂のもの。このラビリンスを歩くことは、聖地へ向かう殉教の旅を意味する、と言われています。
ChartresLabyrinth2

図式化したイメージです。
Chartres_Labyrinth_Image3
図のいちばん下、Aの部分に入口があります。

おもしろいのは、AからBをめざして進む過程で、さんざん、ぐるぐるうねうねしたあとに、Aのすぐ右隣の地点にやってくることです。

実は、ここまでくれば、めざすBまではあとわずかなのですが、見える景色は、スタート地点のAとほぼ同じなので、あれ?ここって、スタート地点では?と感じてしまいます。

この感覚は、分析が進展して行く段階でも生じることがあります。「さんざん、ぐるぐるして、曲がりなりにも進んでいると信じていたのに、こんなに時間とお金をかけたのに、何も変わっていないのでは!?」と感じてしまうのです。

迷宮(ラビリンス)は、迷路(maze)ではありません。

迷宮は、迷路と違って、秩序だっています。

  • 迷宮の通路は交差しない。
  • 迷宮は、一本道であり、道の選択肢はない。
  • 迷宮はの通路は、振り子状に方向転換をする。
  • 迷宮内には余さず通路が通され、迷宮を抜けようとすればその内部空間をすべて通ることになる。
  • 中心のそばを繰り返し通る。
  • 中心から脱出する際、行きと同じ道を再び通らなければならない。

ある程度しっかり分析を受けた経験のある人は、迷宮の、このひとつひとつの要素が、おそらく、分析にもあてはまるのだろうということを直感的に感じるはずです。

迷路は、パズルのように「解く」ものです。ゆがんでいたり、ねじれていたり、行き止まりもあります。正しい道を見つけるために、頭を使いながら、論理的、分析的にとりくむ必要があります。それは、左脳がする仕事なのです。

迷宮は、一本道ですから、ごちゃごちゃ考える必要はありません。ただ、粛々と前に進み、中心までたどりついたら、入ってきたときと同じ道を通って出ていくだけです。そこで必要なのは、右脳の働きだけです。

迷路では、ずっと能動的な選択を迫られ続けますが、迷宮では、むしろ受動的な態度が必要で、選択は一度だけでいいのです。それは、この道を歩き始めるか否かという選択です。

Chartres_1

※シャルトル大聖堂(ユネスコ世界遺産)は、パリからおよそ南西80kmほど離れた都市シャルトルに位置し、フランス国内において最も美しいゴシック建築のひとつと言われています。いつかぜひ行ってみたいです!

【参考ページ(英語)】
Labyrinthos
The Labyrinth: Walking Your Spiritual Journey
The Mysteries of Chartres Cathedral

Jungianodyssey8th
一般の方も参加できる、来年のISAP夏季集中セミナー(ユンギアン・オデュッセイ)は、2013年6月15日から22日の8日間、スイスのThurgauで行われます。
使用言語は英語で、8回目の今回のテーマは、”ECHOES OF SILENCE: LISTENING TO SOUL, SELF, OTHER”です。

●写真は、宿泊施設および会場のKartause Ittingen。

●申し込み締め切りは、2013年4月15日、料金は宿泊料込みで、3,280スイスフランより。(2012年12月現在のレートで、日本円で30万円!!)

※プログラムの一部のみの参加はできません。(できますが、料金は安くなりません。)

●詳細は、以下をご覧ください。

www.jungianodyssey.ch

このページはhttp://www.bunsekisinri.com/2016/04/21/regrets-of-the-dying/に移動しました。


先日、ストックホルムで、ユング派分析家の集まりに行ったときのことです。

何十年も前にスイスで資格を取って、もう引退間近の分析家が、「自分は、分析家になって以来、ずっと週2回を基本として分析をやってきた。どんなに少ないクライエントでも週1度。それより少ない頻度では、やるつもりがなかったし、やったこともない」、と話しました。

そして、「数週間に一度しか来れない、とか、定期的に来れない、というクライエントを受け入れるべきか。」という議論になったのです。

「受け入れるべきではない。」、という発想がまるでなかったわたしは、少なからず驚きました。

どうも、他の分析家たちは、「週にx回、来てください。次は、x日に来てください。」と、病院の医師と同じように、決めることも多いようなのですが、わたしは、よほど緊急の問題がある、「セラピー」目的の人でもない限りは、そんなことを言ったことがありません。

とにかく一度だけやってみる→もっとやってみたいと思えば数回試してみる→そのあと続ける場合は、自分で頻度を決めてもらう

というのがわたしのやり方で、その結果、わたしとワークしている人には、「月1回ペース」という人も結構いますし、わたしが日本に行ったときだけ、つまり1年に1回か、多くても1年に2回しかセッションを受けないという人もいるのです。

1年に1度や2度では、「分析をやっている」とはいえないかもしれませんが、それでも「意味」はあります。以前にも書きましたが、その「濃密な」時間は、かけがえのない貴重な時間なのです。

「1か月に1度のセッション」で、それを「分析をやっている」といえるかどうかと聞かれると、答えに困るところですが、それをどんな名称で呼ぼうが呼ぶまいが、とにかく、この場合は、はっきりと、見えてくるものや得るものがあります。

たとえ1カ月に1度でも、定期的に自分のこころを見つめようとすることは、自分のこころに敬意を払うことですし、1か月に1度といっても、忙しい日々に追われているうちに、あっという間にやってくるので、この、現実生活にあまり関係ないようにも見えがちな「こころという神殿詣で」を続けることは、それ相当の意志が必要です。

・・・そして、何度も言うようですが、分析は高い!のです。

したがって、分析を受ける頻度は、「1週間に1度より少なくてもいい、10日に1度、2週間に1度、ひいては1カ月に1度でもいい!」というのがわたしの意見です。

頻度を上げれば、それだけ効率よく無意識が活性化するので、展開が早いことが多いのは、たしかです。

1か月に1度より、2週間に1度、2週間に1度より1週間に1度、1週間に1度より1週間に2度・・・もし状況が許せば、それはやってみる価値のあることだと思います。
でもそれが負担になるようだったら、決して無理せず、「たとえ頻度が少なくても、意味はある」、という方に目を向けた方がいいと思います。


わたしは、この1年半余り、クライエントとして、スイス在住の分析家のスカイプ分析を受けてもいます。

ユング派の分析家になるためには、最低300時間の分析が必要ですが、分析家になったあとは、とくに分析を受ける義務はありません。

しかも、あいかわらずわたしには、意識できる“悩み”がない(つまり、“問題”を意識できない)のです。

そして、あいもかわらず、分析は高いなーと、分析セッションの次の予約を躊躇してしまうのです。

「義務」か、意識できる「悩み」か「問題」があれば、もっと簡単に予約できるのに、無意識に対する信頼だけでは、動機づけとして弱いようです。

「趣味的精神分析」なんて、こんなに忙しいのに、そんなことやっているヒマがない!とも思ってしまいます。

分析のおもしろさと意味を、これほど理解していて、分析を受けたあとは、たいてい、とっても満足しているのに、なぜ、この期に及んでも、「自分には不要」、「高い」と思ってしまうのでしょうか。

自分のこととして、その理由を考えていて、ひとつ気付いたことがあります。

それは、分析を受ける前に、受けたあとのイメージがわかないからではないでしょうか。

「分析はおもしろそうだけど、お金の余裕がないから、できない。」

という人は、おもしろそうとはいっても、そんな高額のお金を払うほどのおもしろさはイメージできない、というのがあると思います。

分析のセッション料金は、ちょうど、エステや風俗サービスの料金と同じぐらいだと思います。

同じ料金でも、風俗やエステの方は、はっきりイメージができますから、「これとこれをしてもらって、これだけの出費」というのが、明瞭です。

風俗やエステほど明瞭ではなくても、「よく当たる占い師」なら、高額であればあるほど、なにかありがたいことを言ってもらえそうな気がします。

思えば、お金がないとは言いつつ、わたしたちは、気づけば、いろんな無駄遣いをしています。

高かったのに、ほとんど着てもいないまま、流行遅れになってしまった洋服や、靴やバッグ。

お守り代わりに思いきって買ったけど、あとで石ころにしか見えない宝石。

使いこなせないような高機種を選んで、半年で半値になっているのにがっかりしたパソコン、オーディオ機器、カメラ。

それらの、結局、使わないままの周辺機器や、奮発した割には、あとですぐ飽きてしまった車グッズ。

団体で連れまわされて疲れただけで、どこに行ったかもはっきり覚えていないような海外旅行や、終了証はもらったけど、何も身についていないような習い事や学校、三日坊主になったスポーツジムの年会費。

食べすぎて胃をこわしたり、気持ち悪くなったりしたという落ちのつく、高級レストラン。一行も読んでいない文学全集・・・

・・・多くはわたし自身、身に覚えのあることなので、いくらでも思いつくのですが、数えあげればきりがありません。

でも、たとえ、後から考えると「無駄」だったとしても、お金を払うときには、それを「持っている」、あるいは「している」、「したあとの」肯定的な自分がイメージできて、ハッピーになれれば、それでいいのです。

このように、一般の消費生活は、消費すること、その行為自体が満足を与えてくれるので、時には、「高い」ことで、より大きな喜びを感じられることさえあるのにひきかえ、趣味的分析セッションは、その逆です。

後で振り返ると、精神分析に大枚をはたいたことに対して、少なくともわたしは、まったく「無駄」を感じたことがないのです。それどころか、わたしのこれまでの人生の中で、これほど有益な出費は他になかったと言っても過言ではありません。

その延長で分析家の資格を取れて、それを職業にできるからそう思うのではなく、自分が大きく変化したことが有益だったと思えるのです。“問題”を意識できなかった分、変わりたいという自覚もなかったのですが、変わった自分が昔の自分を思い出したとき、不憫にこそ思えますが、そこに戻りたいとはこれっぽっちも思いません。

でも、こんな「アフター分析」は、「ビフォア分析」はもちろん、変化のプロセスの渦中でも、まるでイメージしていなかったのです。
イメージさえできれば、どんなに高くても我慢できるけど、イメージのできないものに、高いお金を払うのは、難しくても仕方がありません。

冒頭のイラストで、お金と愛を天秤にかけたとき、お金の方が重いという人はあまりいないと思いますが、お金と「こころ」を天秤にかけたとき、その「こころ」が得体のしれないものであればあるほど、わたし自身を含めた多くの人にとって、お金の重さがそれに勝るように感じられるのだと思います。

今月の分析代が○万円ということを気にしながら、「現実の忙しさ」を自分への言い訳に、「次回はもう少し間隔を空けて予約しよう」と、それがいかにも合理的であるかのように思っているわたしは、「こころ」を無視しているのに違いない、と自分に言い聞かせています。


カウンセラーになった当初、わたしは勤務先のクリニックにパートタイムで勤めていました。給料は、カウンセリングをやらない時間も含めて時給でもらいながら、わたしのカウンセリングを受ける患者さんは、クリニックの診療費とは別に保険適用外の自費で3,500円を、クリニックの受付で、クリニックに払っていました。

患者さんが自腹を切ってクリニックに払う、わたしの収入には関係がないその3,500円が、わたしには大きなプレッシャーでした。

大学1年生のときからやっていた、家庭教師のアルバイトで、時給3,500円もらうことには、なんのプレッシャーもなかったのです。

家庭教師のアルバイトは、他のアルバイトに比べると、かなり高額なのにもかかわらず、自分のやるべきことが明確で、それをきちんとやっている自信と自負があったからだと思います。

ところが、カウンセリングとなると、相手は、ただわたしに話すだけ。わたしのやるべきことは不明確なことこの上ありません。どんなに一生懸命やろうが、それが、役に立っているとは限らないし、それを判断することもできません。そもそも、一生懸命やればいいというものですらないのです。

はたして、「わたし」と話すことに3,500円の価値があるのだろうか。白衣を着て、患者さんに「先生」と呼ばれながら、わたしはどこか居心地悪く感じていました。

「とりあえず、大学院で学んだ専門家」ということにはなっていましたが、「臨床心理士」の資格を取ることや、一応の体裁を整えることは、実体とはなんの関係もありません。

一方、同じクリニックに勤める先輩格のカウンセラーたちが、患者さんから、10,000円!もの大金を、しかも直接、もらっているのを見ながら、わたしは、日々、「3,500円でも、こんなにプレッシャーなのに、よくも平気で、10,000円も受け取れるなあ! すごい自信だなぁ。」と思っていました。

あれから18年。
今、わたしは、「かなり平気で」12,000円を受け取っています。

これは、わたしが歳をとって、図太くなったから(ばかり)ではありません。

経験を積んで、自信ができたから(ばかり)でもありません。

もし、わたしがあのまま日本にいたら、わたしは、ずっと、カウンセラーが何なのか、はっきりわからないままでいたと思います。

スイスの研究所で5年間を過ごして、わたしは、自分の仕事が何なのかを認識できました。

その「自信」は、日本で先輩カウンセラーを見ながら想像していた「自信」とはまったく種類の違うものでした。

それは、自分のカウンセラーとしての技術や能力に対する自信ではなく、「無意識を信頼できる自信」なのだという気がしています。

スイスで仕事をしているユング派の分析家が、実際に経験した話です。その分析家のところに、はるばるニューヨークから、毎週、分析を受けに来ている人がいました。飛行機で飛んで来て、ホテルに泊まって分析を受ける、ということを数年間、続けていました。

当然のことながら、金銭的にとても余裕がある人です。

あるとき、その分析家が、一律にセッション料金の値上げをしました。はっきりした料金を覚えていないのですが、それまでが10,000円だったとすると、そこから、1,000円未満、つまり1割未満の値上げでした。通って来ているクライアント全員にそうしたのですが、それに対して、いちばん感情的に反応して、怒り狂ったのが、そのニューヨークのクライアントだったそうです。

彼は、そんな値上げには応じられないとカンカンになって言ったそうです。

毎日高級レストランで食事をして、その度に、数千円のチップを平気で払う人が、千円足らずのセッション料金の値上げに抵抗するのは、この「千円足らず」が、物理的なお金ではないからでしょう。

「わざわざ、こんなに遠くから来ている自分は、もっと特別扱いされるべきだ」と思ったのか、「自分にお金があるのにつけこんで、もっとふんだくろうとしているなんて許せない」と思ったのか、この人の真意は、わかりません。

さて、この話を聞いたときには、お金持ちのくせに、なんかセコい!と思って笑っていたわたしですが、わたしの分析家が1,000円の値上げをしたとき、しっかり動揺して怒りました。

わたしの場合は、「そうでなくても、いつも高いと思っているのに、もっと高くなるなんて耐えがたい」という気持ちでした。

わたしはお金持ちではないのだから、動揺してもいいかというと、たとえお金の余裕がなくても、「その1,000円」が「どうしても払えない」ということは、絶対にないのですから、その耐えがたさは、完全に心理的なもので、反応としては、上のクライエントと同じなのです。

お金にまつわる心理は、いろいろと興味深く・・・率直に言うと、「マネーコンプレックス」に向き合うことは、わたしの課題だという自覚があるので、あえて、お金の話題を続けたいと思います。

いただきものの本「生きるコント〈2〉」 (文春文庫)がおもしろくて、一気に読みました。

その中で、大宮エリー氏は、コピーライター、CMプランナーとして活躍していた電通を7年後に退職した理由について、「理由はないけど、ふと急に、辞めようという気持ちが降ってきた」と言い、その気持ちが「降ってきた」きっかけについて、次のように語っています。

* * *

山ごもりしたり滝に打たれたりという修行を積んでいる行者に会ったとき、「自分の気持ちが一番大事ですよ。」と言われた。

そんなことは、所詮「理想論」だと思った大宮氏、「心のままにって、そんなの無理じゃないですか? だってそんなことしたら、会社員なんてしてられないっすよ。」と反論。

行者は微笑んで「それが心の声なら辞めればいいんです。心のままに直感を信じて生きれば、びっくりするぐらい幸せになれますよ」と答える。

わたしは普通の人だ。社会の中で折り合いをつけて妥協して生きていかないといけない。自分に正直に生きるなんて身勝手をしたら面倒なことになり、むしろ不幸になるのではないか。

さらに行者は、自分の気持ちに正直になる修行を勧めた。

その修行とは、「直感でいいから、いいなと思ったことを実践する癖をつけること」、たとえば「蕎麦が食べたいと思ったら、昨日も蕎麦だったとか野菜不足だとか考えずに、何が何でも蕎麦を食べにいく」ことだという。それを聞いた大宮氏は、修行といっても案外簡単だと思いながら、この行者に会ったことはすっかり忘れて暮らしていた。

その数週間後、深夜残業中に、会社で無性に蕎麦が食べたくなり、ふと行者の言葉を思い出す。

「あら! これだわ! じゃあ、おいしいお蕎麦を今すぐ食べにいかなきゃ!」

直感を信じて高速を走り、ラストオーダー5分前に、目当ての蕎麦やに入店。

さっきまで会社にいたのに今は手打ち蕎麦を食べている。確かにちょっと贅沢な気分。だが、こんなことが幸せへの修行になるのだろうか。

 

直感で食べたいと思ったものを食べるという「謎の修行」を続けていた大宮氏は、次に「花」だと思う。

花だ。心がそう言っている。暮らしに花。会社に花を。それから毎朝、ピンときた花を買って、デスクに飾るようになった。
(中略)
そしてある日、わたしは花を買いたいと思わなかった。欲しい花が浮かばない、その心に耳をすませたところ、こんな声が聞こえたのである。
「会社、やーめよっと」

* * *

「心に耳をすます」というのは、たしかに、こういうことでもあると思います。この修行を、わたしも日々実践したいものです。

がしかし、「お蕎麦が食べたい」という「心の声」を聞くのは、それほど難しくなくても、「会社を辞めたい」という「心の声」を聞くのは、とても難しいことです。こんな風にすっきりはっきり聞こえてきて、さらに実践にも移せるなんていうことは、実際には、なかなかないでしょう。

「会社を辞めたい」という気持ちには、たいてい「辞めたくない」という気持ちもついてきます。

大宮氏の言うとおり、「社会の中で折り合いをつけて妥協して生きていかないといけない。自分に正直に生きるなんて身勝手をしたら面倒なことになり、むしろ不幸になる」、面倒なことになりたくない。不幸になりたくない。つまり「辞めたくない」のです。「辞めたいけど、辞められない」というのは、正確に言うと、「辞めたいけど、辞めたくない」だと思います。

だから、自分の身体や心が病んだり、家族の中で問題が起きたりして、外の力によって強制的に「辞めさせて」もらわなければ辞められない、ということにもなるのです。

そういうわけで、やはり「直感で食べたいものを食べる」「直感で買いたいものを買う」「直感で行きたいところに行く」・・・という、「直感を信じる」修行は大切ではあるけれど、「それだけ」では足りない、それを補うひとつの方法が、精神分析だとわたしは思っています。

※引用は、「生きるコント〈2〉」 (文春文庫)収録の「行者のことば」より。

●おまけ●
著書の大宮エリー氏の名前は、この本をいただいて初めて知りました。1975年生まれで、脚本家、CMディレクター、映画監督、作家、エッセイスト、コピーライター、演出家、ラジオパーソナリティ・・・とたくさんの肩書をもつ、多才な売れっ子なのですね。

今年のはじめに渋谷で初めて開催された個展(「思いを伝えるということ」展)は、1万人以上を動員し、札幌に続いて、この秋(2012年9月~10月)には、京都でも開催されるそうです。