翻訳出版書

「ミドル・パッセージ」

―生きる意味の再発見―

ミドル・パッセージ―生きる意味の再発見

分析心理ドットコム

サイトの名前は、ユングの思想や理論が、他の精神分析の理論と区別して、とくに「分析心理学(Analytical psychology)」といわれることにちなんでいます。

このサイトの更新通知

メールアドレスを送信していただくと、このサイトの更新情報が届きます。

E-mail:

夢分析ブログ

ユングがチューリヒで行った「夢分析セミナー」(1928年)の記録(「夢分析」人文書院)より、ユングのことばを引用してご紹介します。

夢分析は精神分析の中心問題です。というのも、これこそ無意識への道をひらく最も重要な手法だからです。精神分析の眼目は無意識からのメッセージを得るところにあります。

分析家が、自分の無知を認めることがきわめて重要です。そうして初めて、分析家もクライアントも、不偏不党の自然的事実、科学的現実を受け入れる用意ができるのです。個人的な意見は、多かれ少なかれ恣意的な判断でしかなく、完全に間違っているかもしれない。正しいという保証はありません。ですから私たちは、夢が提供する事実を探し求める必要があるのです。夢は客観的事実であり、私たちの期待に応じて現れるものではなく、私たちが作りだしたものでもありません。

私たちの夢は、意識に対して独特の自律性を示します。そして夢が比類のない価値をもつのは、それが私たちをけっして欺かないからです。しかし、夢の意味を読み取るのは簡単ではありません。夢という事実の不偏不党性には疑いがないのですが、その読み方になると議論の余地はおおいにあるわけで、いくつかの立場、たとえばフロイト派の夢解釈などが出てきます。

※ユングは、フロイト派の夢解釈とは、立場を異にしていました。フロイトのやり方に反論したというよりも、フロイトのようにはっきりした型におさめないのが、ユングのやり方といえると思います。

夢分析を実際に受けられたことのない方は、「理論」だけ読んでもぴんと来ないと思いますし、あまり役に立たないとも思いますが、理論的にはこういうことになります。

ユングの弟子のヨランダ・ヤコビによる7段階を参考にまとめます。

  1. 意識水準の低下が起こる。(たとえば寝ているとき。)
  2. 無意識の内容が、夢・幻想・空想の形で浮かびあがる。
  3. それが意識によって知覚され、捉えられる。
  4. 知覚された内容について、その「意味」を明確化し、解釈し理解する。
  5. その意味を、本人の心の状況に当てはめてみる。
  6. その意味を自分の心の状況として受け入れる。受け入れられない場合は、受け入れられる形と程度を模索する。
  7. その意味を自分の心の中に統合し、内在化していく。=意識化していく。

実際には、1~3は誰でもやっていることで、4~7が「夢分析」ということになります。夢分析の目的は、夢分析を受ける人の意識化にほかならないのですから、この4~7も、本人が主体的にしなくては意味がありません。もし仮に分析家が「正しい解釈」をしたとしても、それを本人が納得できなければ、それはなんの力も発揮しないのです。

ユングは、「人間と象徴」の「夢の分析」の項で以下のように言っています。

わたしは、自分が誰かの夢を十分に理解して、それを正しく解釈することは絶対にないのだということを、自分に言い聞かせるのを常としている。こうすることによって、自分自身の連想や反応の流れが、クライアントのそれを上回ることのないようチェックしている。分析家が夢の個々のメッセージ(無意識が意識にしようとしている貢献)をできる限り性格に受け取ることは、最大の重要性をもっているため、夢の内容を徹底的に探究することは分析家にとって必須なのである。

やさしくわかるユング心理学―あなたの深層心理を読み解く一歩

山根はるみ氏は、著書「やさしくわかるユング心理学」(日本実業出版社)の中で、自分が精神分析を受ける前に感じた疑問を以下のように書いています。

開口一番、私は宣言します。「私には、これといった問題はありません。楽天家だし、夫もいるし、子供もいる。お金に困っているわけでもない。それに夢もあまり信じられません。こういう私にも、何か効果はあるんでしょうか?」

それに対して、日本人の分析家資格候補生(分析家の資格を取るために、スイスのユング研究所に留学していた人。)は、ちょっとむっとして、それからこう答えたそうです。

「夢の分析をやってますとね、自分はこういう人間だと実感できるんです。それを感じられると、毛穴のひとつひとつ、皮膚の一片一片から力が湧いてくるんですよ。」

「毛穴のひとつひとつ、皮膚の一片一片から力が湧いてくる」というのは、上手い表現だと思います。
しかし、この日本人留学生は、決して山根氏に分析を受けることを勧めたわけではなく、「フロイトが好きなら、フロイトの研究所に行ったらどうですか。」と言ったのだそうです。

心細い思いをしていた私は、やさしい言葉を期待していました。ところが、何やらわけのわからないことをいわれたうえ、励ましてもくれません。しかしこの時、私は夢分析をしようと決めたのです。

「何やらわけのわからないことを言われたのに、やってみようと思った」という気持ちはわかるような気がします。わたし自身、精神分析や夢分析を始めてすぐ、「なんだかよくわからないけれど、“何か”ありそう。なんだかわからないけど、なんとなくおもしろそう。」と直感的に感じられたのを覚えています。


故小川捷之氏の「夢分析―深層の読み方」は、とても読みやすく、夢分析についてのわかりやすいエピソードがたくさん書かれている本です。(残念ながら、もう絶版のようです。上の写真はわたしが撮ったものなので、アマゾンにリンクされていませんが、古本なら手に入ると思います。)

以下は、小川氏が、アメリカでユング派の分析を受けていたときの「分析のほんのひとコマ」です。具体的なイメージを思い浮かべてみたい方は読んでみてください。(原文を要約した内容です。)

ある日、分析時間の終わりぎわ、彼の書斎の壁にかかっているエロス的な女性の裸体画が目にとまりました。ちょうど、その面接では、中学一年のころに見た夢を話題をしたのでした。
.

夢の内容:「運動会の練習中、女子生徒がリレーの練習でトラックを走っている。わたしはトラックの外でそれを見ている。右隣には父親も立ってそれを見ている。担任の先生の掛け声とともに、お気に入りの女の子が走り始めたとき、そこにわたしははじめて“女性”を見てしまう。伸びたしなやかな手足、大きく波打つオッパイ、丸く突き出たヒップライン、いままで気がつかなかったなまめかしい感情が、急にこみあげてくる。彼女のエロス的な体の線がまぶしくて正視できない。チラチラと彼女の走る姿を眺めながら、自分がいま何を思っているかを、そばに立っている父親がすでに知っているような気がして恥ずかしくなる。

.
分析中、この夢をとりあげ、この夢以来、性的衝動を自覚するようになったこと、しかし問題は、現在でもエロス的なものを人前で感ずることを躊躇するところがある、と話したのです。夢の中で、隣の父に自分の心の中を知られたら、恥ずかしくていたたまれないだろう。いまも、分析家のあなたの前で、この絵を眺めていると、この古い思い出がよみがえってくる、自分はまだセクシャルなものに直面できないのではないか・・・とつぶやいていたら、彼は「一緒にあの絵を見よう」といいはじめ、私の肩に手をかけたのです。
.
驚いて、アメリカでは分析家がここまで大胆に行動するのかと思いつつ、バツが悪く、少々恥ずかしかったのですが、思いきってその絵を一緒に見入ることにしました。
.
さまざまな女性の大胆な姿態があって、直視することがはばかられるほどセクシュアルです。眺めながら、わざわざ私のために、彼がきょうここにこの絵をかけたのではないかと思えるほどでした。
分析が終わったあと、なぜか呆然としていて、めったにないことですが帰路を間違えてしまうほどでした。

夢分析というのは、このように、「見た夢」と「それにまつわる自分についての想起」や「“今”の気持ちや現実」とが微妙に交差しながら、意識が無意識とつながる過程です。これが、別の項目で引用した「自分が向き合っている現実を現実そのものとして直面する小さな勇気」の一例なのです。

また、意識が無意識とつながりを持つことによって、無意識が活性化され、その分、意識水準が低下します。それで分析終了後は、ぼーっとしてしまい、たとえば帰路を間違えてしまう、といったことが起こることもあります。

同書からの引用を続けます。

私たちはなぜ夢を理解しようとしているのでしょうか。なぜこれほどまでに夢にこだわるのでしょうか。それは夢が無意識のメッセージであるからです。すると、ではなぜ無意識を知ろうとするのかという問題が出てきます。自分の無意識を知ったって一文の徳にもならないと考える人もいると思います。分析家になるわけでもないし、カウンセラーになろうともしていないのに、こういうわけのわからない世界に迷い込むだけ損なことかもしれません。
.
しかし、そういう人でも人間はかなりの部分無意識によって動かされているし、影響されていることは知っていると思います。そして、人間の心の大半は無意識の暗闇にあることも知っているはずです。
.
考えてみれば、人間は生まれてこのかた年齢を加えるに従い、さまざまな体験をして、自分の意識の世界を日々拡大しています。いってみれば、人間の成長とは究極的に意識世界の拡大なのかもしれません。
私たちは、無意識を少しでも意識化することにより、自分たちの心の領域を豊かにすると同時に、深く無意識の心を知ることによって、真に自分らしく創造的に人生を生きられるのではないかと思います。
.
自分というものの本質を求めて、無意識の探求を始めること、無意識へ近づくことは、自分一人ではなかなかむずかしいことです。分析家のような第三者がいると助けになりますが、そういう人がいない場合でも、時折、自分の夢について感想を述べてくれる人がいると、参考になります。


いちばん最初にこの本の題名を目にたとき、わたしはアキエという女の人を想像してしまいましたが、この「明恵」は鎌倉時代の僧、「あるべきようは」の明恵上人(みょうえしょうにん)のことです。彼が19歳から60歳で亡くなる直前まで記した膨大な夢の記録が、「世界の精神史においても稀有と言っていいほどの大きい遺産」として、河合隼雄氏によってユング心理学の視点から紹介されています。

どうでもいい話ですが、この本は最初、京都松柏社 (1987年)から(フリガナなしで)出ています。上に写真を掲載した講談社版(1995年)には、「みょうえ」と振り仮名がふってあるので、もうわたしのようにアキエと間違って、読まれる心配もありませんが、言いたいのはそのことではなくて、表紙の装幀についてです。
京都松柏社版の装幀は司修氏によるもので、それは河合隼雄氏の念願だったそうで、「本書の内容にふさわしい、素晴らしいものが出来て嬉しいかぎり」とあとがきに書いてありますので、参考までに以下にお見せします。
個人的には、上の講談社版の装幀の方が好きですが。