翻訳出版書

「ミドル・パッセージ」

―生きる意味の再発見―

ミドル・パッセージ―生きる意味の再発見

分析心理ドットコム

サイトの名前は、ユングの思想や理論が、他の精神分析の理論と区別して、とくに「分析心理学(Analytical psychology)」といわれることにちなんでいます。

このサイトの更新通知
メールアドレスを送信していただくと、このサイトの更新情報が届きます。

E-mail:

Mario Jacoby

1925.8.27 – 2011.10.1(享年86歳)

Mario_Jacoby_2005

マリオ・ヤコビ、2005年

ユング派分析家の重鎮の訃報が届きました。マリオ・ヤコビは、ユング(1875 – 1961)から直接指導を受けた、生存する、数少ないユング派の分析家でした。

2011年10月1日、スイスのホスピスで、安らかに息を引き取られたということです。

最晩年まで、ISAP国際分析心理研究所(スイス・チューリヒ)で、分析家の育成に尽力をそそいだ氏は、香典を、ISAPの学生基金へ寄付したい由の遺言を残していたそうです。

埋葬と葬儀は、2011年10月7日14時より、スイス・チューリヒのFriedhof Zollikonで行われます。


マリオ・ヤコビー(Mario Jacoby)

1925年、ドイツ・ライプチヒに生まれる。6歳のとき、スイスに移る。パリやロンドンで音楽家を志し、コンサート・バイオリニストを職業としていたが、のちに心理学者に転身。1964年、39歳でチューリヒ大学で博士号、さらにチューリヒ・ユング研究所でユング派分析家の資格を取得。チューリヒで個人開業のかたわら、ユング研究所(2004年からはISAP国際分析心理研究所)の講師、教育分析家として、分析家の育成に力をそそいだ。1970年~1979年、スイス分析心理学会の会長を勤める。著書多数。邦訳されている著書に、「分析的人間関係―転移と逆転移」(創元社)、「楽園願望」(紀伊国屋書店)、「恥と自尊心―その起源から心理療法へ」「個性化とナルシシズム―ユングとコフートの自己の心理学」「悪とメルヘン―私たちを成長させる“悪”とは?」(共著)などがある。